2012年12月20日(木)

2012-12-20 17:43
428 商人故に[]



あるところに二人の妖怪がいた。
砂をかけなんでも石化させてしまう砂かけババアと、水を吐きなんでも氷付けにしてしまう河童だった。
二人はどちらが優れた妖怪かを決めるために争うが、どうやら互いの技は妖怪には効かぬらしい。
困り果てているところにエヌ氏が現れ、言った。
「より多くの人間を救った方の勝ちとしましょう。S国ではあらゆる物資が不足しています。砂かけババアは得意の石化で建物を造り、河童は飲み水確保のための氷の山を築くのです」
そうして作られた物資を、人知れず他国に売り捌くのがエヌ氏の仕事だった。
(閲覧:167)
←前|次→
[yコメントする]

[←戻る]